• トップページに戻る
  • ちゃいるどネット大阪とは?
  • 講座・研修のご案内
  • 研究プロジェクト
  • 情報誌・出版物
  • おすすめ絵本
  • いま、どんなきもち教材
ホーム>活動報告ブログ

活動報告ブログ

5周年記念講演 「長谷川義史絵本ライブ」

『長谷川義史 ほっこり絵本ライブ』
 
「ほっこり」
ぴったりの命名。
名づけたスタッフに拍手です。
 
それぞれの分担に忙しく、ライブ
途中までは、スタッフもあちこちで
バタバタしておりました。
 
ホッと一息。
舞台を覗くと…。
 
それまでのバタバタは忘れ、
話に聞き入り、笑ったり、胸につまったり
一緒に歌を口ずさんだり…。
長谷川ワールドのなかで
本当にほっこりとライブに
参加しておりました。
raibu1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
raibu2.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
raibu3.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
raibuhaha.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライブが始まる1年前から、
「5周年記念」だから、長谷川さん。
そして、いつもよりも大きな規模でと
スタッフ一同、当日の会場の
シュミレーションをしながら
準備を進めてきました、
日に日に心配事が増えていく。
そして当日を迎えました。
 
早い時間からお客さんの列ができ、
いつもとは違う雰囲気に呑まれそうになるスタッフ。
でも、たくさんのボランティアの皆さんが
助けてくださり、また、参加の
お客さんたちも、スタッフを気遣って
下さったりで、本当にスムーズに
開場することができました。
 
皆様から頂いた感想も、
満足度100%以上と書いてくださる方が
たくさんおられました。、
 
長谷川さん、寿さん、
参加して下さったお客さん。
強力なお手伝いで私たちを
励まして下さったボランティアの皆さん。
本当に、感謝、感謝です。
 
これからも発信し続ける努力を
続けたいと強く思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◆愛子先生の語りに引き込まれ、心が温かくなりました。

6月1日(土)ちゃいるどネット大阪総会、
総会記念講演(マッセ市民セミナー)が
国際交流センターで行われ盛会のうちに
無事終了しました。
ありがとうございました。

ちゃいるどネット大阪としては初めての
会場で、話しやすいか聞きやすいかと
心配しながら準備を始めました。

講演時間には満員になり、講演が始まると
あっという間に愛子先生の世界に。

aikosennsei.jpg

語りをほんの少し紹介します。
子どもとのやり取りを、絶妙な「間」で
語られると、本当に目の前に光景が
広がっていくようでした。
 

2歳のあっくん、お母さんから私が抱きとったら
「ママー、ママ―」と泣き叫び、
「あっち、あっち」と落っこちそうになるくらい。
お母さんが行った方を指す。

「ママいっちゃったね」
「ママさがしにいこうか」と歩いていくと、
お水がちょろちょろ流れている。
「お水があったよ、お水だお水だ」。

でもちょっとしたら思い出して「あっち」。

ちょうど雨の翌日でね
ぬかるんでいる空き地があったわけ。

「あっくん、ぐちゅぐちゅだね、
ぐちゅぐちゅだね。おもしろいね」と言うと、
それにはあっくんもおもしろがった。

そろそろいいかなと思って、
「あっくん、リュック持ってきたでしょ。
あっくんのリュックどこかみたいなあ。
リュックの中にお弁当あるんだよね。
帰ってあっくんのリュック見せてくれる?」
と言うと・・・
「うん」と言ったのよ。
ヤッターと思って。

お母さんは初めてのお弁当だから
力 入ってんのよ。
小さいおにぎりにノリで模様。
赤いプチトマト。ウィンナーはタコよ。
そして 卵焼き。

「あっくん、おいしそうだね」と見てたら、
あっくんがね、
卵焼きをつかんで私の口に入れたんです。

私は涙がでちゃったんだけど、

自分が食べないで私の口に入れたんだよ。
「お世話かけてます。よろしくお願いします。
ぼくはあなたを信じます」っていう卵焼き。
だってあっくんは自分は食べないで蓋をしたんですもの。

実は私はその時、言葉で表現しないけど、
ちゃんと子どもは心を表現していると思ったのね。

嬉しくて。
お迎えが違う人だったので、
とにかく早く伝えたいと思って、
今ならメールだけど速達だしたの。

預けてまだ3日か4日。
お母さんが
「ここにあずけてよかったって思いました」
と言ってくれたんです。

子どもに対する熱い思いは、
熱いうちに伝えるほうがいい。


子どもは言葉では表現しないけど
態度で表現している。

aikosennsei2.jpg

 

 

子どもの心により添う・・・・・。
お話を聞きながら、日常の自分を反省したり
子どもの顔が浮かんできたり
なんだか涙が出てみたり。
いつの間にか、自分の心にも
より添ってもらっている気持ちになりました。

aikosennsei3.jpg

サイン会では、サインの度に声をかけて
くださり話がはずむはずむ。
愛子先生の「愛」がいっぱいの時間でした。

先生、本当にありがとうございました。

おもちゃの魅力いっぱい!

◆第1回実技講座開催

5月21日(火)に人権保育講座「実技講座」第1回目を開催しました。
今回のテーマは「おもちゃの魅力~おもちゃと子どもの育ち」で、キッズいわき・ぱふというおもちゃやさんの津田 勇さんの講演でした。
おもちゃの大切さや、どんなおもちゃがいいか(安全面・健康面から)、子どもの発達とおもちゃの関わり等について、パワーポイントと実際におもちゃを見せてもらいながらのお話でした。
後半は、グループでカードゲームを楽しみました。ルールをインストラクターの方に教えてもらいながら遊ぶのですが、はじめは知らなかった人同士が、時間が経つとワァーワァー笑いあってとても楽しそうでした。

jitugi1.png

jitugi2.png

「子どもにとって、安全なおもちゃのつくりを知ることができました。グル―プでのゲーム、とても面白かったです」
「子どもの成長過程にあったおもちゃが詳しく紹介されて分かりやすかった」
「普段、何げなく使っていたおもちゃも、子どもたちの発達にとても重要な関わりがあると再認識できました」
等の感想があり、これからおもちゃを選ぶときの参考になったり、保育の中でのおもちゃの大切さを感じる研修となったと思います。

 

あそぼタイム4 ♪ダンス ダンス ダンス♪♪

音楽が鳴り出し ビートの利いた曲に 頭で肩で・・・とリズムを。
自然に体が動きだす。
♪♪・・・・♪♪♪・・・・・・♪♪♪♪~~~~~♪♪♪♪♪♪
『カラ』の曲が流れて 思わず 先生を真似て ダンス ダンス ダンス

こんなスタートの講習でした。
さすが 保育士 まるで ダンス教室のように 一斉にエクササイズ。
dansu1.jpg
動きがそろっているでしょ!
dansu2.jpg
ステップも軽々!
dansu3.png
保育士ダンサーズ
dansu4.png
ステップ ステップ ♪ 軽やかに


ins1.png
リズムを体で感じ、楽しむことの大切さ。
そして 動きのフォームを考えるよりも しっかり何回も曲を聴き
曲の構成=フォームをを知ると 
自ずと曲を楽しみながら動くことができるとの事

そんな講義をも交えながらの エクササイズタイムでした。

質問タイムには、子どもたちをつなぐ動きもということで
今日のダンスステップを基本に動きを講師が
その場で考えてくださいました。

講師のお話からこんな感じの応用はどうでしょう。

♪♪運動会での親子プログラム♪♪

♪さあ 親子で手をつないで歩きましょう♪
♪音楽が止まったら 向かい合って 体をうごかしてみましょう♪
♪ビートの効いたリズムに合わせて 頭でリズムをとりましょう♪
♪音楽が変わったら、4人グループに♪
♪肩でリズムをとりましょう♪
♪音楽が変わったら、8人グループに♪
♪腰でリズムをそして膝でリズムを♪

さあ、横一列になって、『カラ』の曲に合わせて
♪始めは手をグルグル♪
♪手をつないで前へ後ろへステップ♪
♪腰回しで親子ダンサーズ♪
丸くなって
♪V字ステップ♪
フィナーレはかっこいいポーズできめましょう

参加者の皆さんお疲れさまでした。
 

 


 

「しんちゃん」よりコメントをいただきました。

絵本地図について、メールをいただきました。掲載させていただきます。

絵本地図2.jpg

「縦軸にストーリー。横軸に絵。
これによって今まで敬遠していた一見わけのわからない絵本も、ストーリー性が低く、絵は抽象的な、絵画でいえば抽象画に近いものであるということがわかります。しかも、すべての絵本がこのマトリックスのどこかに入ります。自分の絵本の好みも、全体のどの部分なのかがわかります」

さっそく自分の好きな絵本、子どもたちの好きな絵本、保護者の方たちが好きな絵本と地図を作ってみると、面白そうですね。
「しんちゃん」、メールをありがとうございました。

 

 

第1回実技講座「絵本を通じて 子どもの心を垣間見る」

図2.jpg

講座終了後のアンケートには、「子どもたちの空気を読む」「子どもたちとの一体感」といった言葉にひきつけられ、「子どもたちと会いたくなった」「保育士の仕事っていいな」という思いになったという感想をたくさんいただきました。
講座の様子を少しお知らせしますね。

《赤色ニッカポッカ・白シャツ・紺色運動靴・坊主頭》でさっそうと現れた、「ブックドクターしんちゃん」。しんちゃんが何よりも大切にしていることは、子どもの心に近づいていくこと。大人が子どもの中に入れてもらうんだということ。

「空気を読んで」空気感をつくって、「読みあそび」が始まります。少林寺拳法の達人であるしんちゃんワールドに入り込んでいきます。笑い声がいっぱいの会場。

保育者の役割は【本気で子どもを守ること】。自分を守ってもらった子どもは自分の子ども・家族・地域を守ろうとすることにつながっていくと、しんちゃんの熱い語りが続きます。

 しんちゃんの体験談がふんだんに盛り込まれて、あっという間に終了となりました。

 講座で紹介された《絵本地図》を皆さんにお伝えしますね。

絵本地図.jpg

絵本を手に取りましょう。地図のどの位置にその絵本はあるでしょう。
子どもたちが好きな絵本は?どの位置?自分が子どもたちに読み聞かせをする絵本はどの位置?
今日は、この位置の絵本を子どもたちと楽しみましょうか。 

 

 

 

 

 

 

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけますよう、活動報告を中心にブログを作成していきます。
講座終了後、皆様にアンケート記入いただき、感想、要望等をうかがっております。
後日改めて、お持ちになった感想や要望、質問、また、当サイトへの感想等がありましたら、
コメントにてお知らせください。

1
ページ上部へ