• トップページに戻る
  • ちゃいるどネット大阪とは?
  • 講座・研修のご案内
  • 研究プロジェクト
  • 情報誌・出版物
  • おすすめ絵本
  • いま、どんなきもち教材
ホーム>講座一覧>2017年度マッセ・市民セミナー(ブロック研修)
講座一覧

2017年度マッセ・市民セミナー(ブロック研修)

 

マッセ・市民セミナー(ブロック研修)

・申込先はちゃいるどネット大阪(当ホームページよりお申込みいただけます)
・定員に空きがある場合は、どのブロックにご参加いただいても結構です。参加費は無料です。
 

河北ブロック

日時 6月12日(月)14:00~16:30
テーマ

保育の中の子どもの声~時代が求める「保育の質」を問い直す~

講師 加藤繁美(山梨大学)
内容
幼稚園・保育所・認定こども園で生活する乳幼児は、自分の声をていねいに聴きとられ、自分の声を正当に評価されながら「自分」を育てていく存在です。
もちろん、子どもたちが発する「声」は、実際に「音声」として発せられる「声」に限定されるわけではありません。子どもたちは、自分の思いを多様な表情やしぐさに込め、描画や造形物に託しながら表現する、自分の声を持った「主体」として毎日の生活を営んでいるのです。
そんな子どもたちが発する多様な「声」に耳を傾け、その「声」を起点に保育を創りだす営みを「子どもとつくる保育」と呼ぶなら、時代はまさにそうした保育の創造を、保育実践のプロである保育者に託しているのだろうと思います。それは何といっても、自分の声をていねいに聴きとられ、園生活の「共同構成者」として尊重される経験が、自分の考えを持ち、自分の考えを仲間とつなげて生きていく、「民主主義の主体」へと子どもたちを誘っていく必要条件だからにほかなりません。
そうした保育実践創造の必要十分条件を、「保育の中の子どもの声」という視点から読み解いてみませんか。 
会場 交野市保健福祉総合センター多目的ホール(4階)
定員 120名(先着順 定員になり次第締切ります)
備考 参加費:無料
対象:保育所(園・幼稚園関係者、
   自治体職員、保護者や住民の方など

泉州ブロック

日時 6月21日(水)14:00~16:30
テーマ 保護者とのよい関係づくり
講師 柴田愛子(りんごの木)
内容
昨今の保育者の悩んでいることの一つが「保護者との関係づくり」だと言われています。 「子どもたちが元気に園生活を送ってほしい」との願いから、生活リズムの大切さを根気強く保護者に話しかけるが、続く遅い登園。登降園の時も携帯電話、「もっと子どもに向き合って!」。どうしたら保護者と子どもの育ちを共有しあえるのだろうと、悩んでおられる保育者は少なくないでしょう。
保護者の育ってきた社会の変化や、個々の保護者の生活実態をふまえ、子どもの成長を柱に語り合える保育者と保護者の関係を築くには、どのような日々の取り組みが大切なのか、実践をとおしてのお話から学びましょう。
会場 サンスクエア堺(堺市勤労者福祉サービスセンター)第1会議室
定員 108名(先着順 定員になり次第締切ります)
備考 参加費:無料
対象:保育所(園・幼稚園関係者、
   自治体職員、保護者や住民の方など

北摂ブロック

日時 7月7日(金)14:00~16:30
テーマ

保育の質保証のための保育者の役割・援助~幼稚園教育要領・保育指針等の改定~

講師 内田伸子(十文字学園女子大学・御茶の水女子大学)
内容
乳幼児期からの質の高い保育が、将来の人生をゆたかにし、社会の経済効果という点からも成果が認められるという研究結果から、世界的にも保育の重要性が認識されるようになって来ました。
こうした状況の下、子ども・子育て支援新制度の施行2年が経過し、その間、幼稚園教育要領、保育所保育指針の改定、幼保連携型認定こども園教育・保育要領案の公表がなされました。それらのなかでポイントとして挙げられている乳児保育の充実、質の高い幼児教育を進めるために、保育者の専門性として何が大切なのかを学びましょう。
会場 豊中市立豊中人権まちづくりセンターホール(4階)
定員 150名(先着順 定員になり次第締切ります)
備考 参加費:無料
対象:保育所(園・幼稚園関係者、
   自治体職員、保護者や住民の方など

中部ブロック

日時 7月21日(水)14:00~16:30
テーマ  平成30年施行の「要領」「指針」を視野に入れて、今後の保育を考える
講師 増田まゆみ (東京家政大学)
内容
 子ども・子育て支援新制度の施行から2年が経過しました。
また、平成29年3月「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が告示されました。
乳幼児期からの質の高い保育が、将来の人生を豊かにし、社会の経済効果という点からも成果が認められるという研究結果から、世界的にも保育の重要性が認識されるようになってきています。
乳児保育の充実、質の高い幼児教育の保障、保護者・地域と連携した子育て支援の必要性など、子どもの最善の利益の保障の視点に立った保育・子育て支援を進めていくための課題を、映像の視聴やエピソー等実践と理論をつなげながら、学び合いましょう。 
会場
富田林市消防本部講堂(4階)
定員 150名(先着順 定員になり次第締切ります)
備考

参加費:無料
対象:保育所(園・幼稚園関係者、
   自治体職員、保護者や住民の方など 

 

ページ上部へ